コンテンツへスキップ

ニキビはどうしてできるの?アクネ菌とニキビの関係

ニキビの原因とされるアクネ菌とは適切な治療を施すことにより対処することが可能ではありますが、ただこのアクネ菌とはどのような働きからお肌トラブルへと繋げてしまうのでしょうか。
ニキビとは切っても切り離せないくらい認識されてるアクネ菌は細菌であり正式名をプロピオバクテリウムアクネスと呼びます。人の身体には色々な細菌が存在しておりアクネ菌もまた例外ではありません。

そして最近は健康状態と大きく関係していて善玉菌、悪玉菌の二種類に分けられ善玉菌が多ければ身体の調子も良いということになります。ですが体調不良やお肌の環境悪化からニキビにもなり毛穴に皮脂が詰まればアクネ菌が増殖し毛穴は炎症を引き起こし結果的にニキビにさせてしまいますが、思春期などホルモンバランスの変化が関係してる場合には男性ホルモン分泌率が高くなりお肌を綺麗にしててもニキビが沢山できてしまうという原因もあります。
ところでこのアクネ菌に関してニキビになるから毛嫌いされてる方が多いとは思いますが実は先にも述べた通り細菌であり誰しも持ってる細菌でもあるんです。アクネ菌とはそもそも空気に触れるのを好まず脂肪など多くある部分に定着しますので皮脂が溜まる場所は大好きと言えます。つまり角柱に塞がれた空気が入らない環境はアクネ菌が増殖する場所でありまたこの細菌を全て防ぐというのも不可能でありニキビ予防をするのであれば毛穴を作らないという努力が対策として有効になります。

そしてこのアクネ菌は実に66種類あり大きく分けると3種類に分類されます。さらに悪玉菌が2、善玉菌が1と分けられ善玉菌のアクネ菌を維持するには4から6の弱酸性が必要となりますが、悪玉菌は毛穴の中でリパーゼ酸素と呼ばれる物質を分泌して遊離脂肪酸とグリセリンに分解され菌のバランスが崩れるとニキビになりやすなりますのでニキビができないような環境つまりスキンケアは心掛けなければいけません。ただそれでもニキビができるようであれば炎症を起こさないようにしなければいけません。
そこで遊離脂肪酸が過酸化脂質の状態で炎症になりますのでビタミンや抗酸化物質などを含む化粧水などを使用すること、またはビタミン類などを摂取するように心がけるいことです。アクネ菌とは誰しもが持ってる細菌であり全て消滅させることは不可能ですのでお肌の環境と体調管理を整えつつアクネ菌を増殖させないようにすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です