コンテンツへスキップ

蜂蜜と言えばボツリヌス菌

おいしいおいしい蜂蜜ですが、この中にいる微生物と言えばボツリヌス菌が有名ですね。

ボツリヌス菌は土や海川などにも生息している菌であり熱に強いのはひとつの特徴です。

そして低酸素状態になるとこの菌が増殖して強い毒素は作られます。ボツリヌス菌の特性は自然に作られると口の中でも非常に強いと言われておりこれが食中毒の原因にもなります。

また乳児がボツリヌス菌を体内に入れることでかなり強い症状が現れることもありますね。

ボツリヌス菌の毒素を無効化するためには加熱が有効ですがそのためには80°で30分間以上加熱しないといけません。

そしてこれはいつまで大人のための措置であって、乳児に対しては加熱したからいいというわけではなく最初からボツリヌス菌が入っている可能性がある食品は絶対に食べさせてはいけません。

なお乳児への蜂蜜禁止に関しては厚生労働省が通知を出しているくらい危険です。

そのためそういったケースは最近ではほぼ起こらなくなりましたが2年に一度のレベルでハチミツによる乳児のボツリヌス症が発生することがあります。