コンテンツへスキップ

乳酸菌と健康の関係について|日本微生物研究所

乳酸菌と健康についての関連性についてですが、乳酸菌は健康志向が強い方に昔からおすすめされています。乳酸菌の代表的な食べ物としてはヨーグルトなどがあります。乳酸菌を摂取することで、具体的にどのように体にとって良い効果があるのでしょうか。

まず、乳酸菌を摂取することによって、特に腸内までたどり着いたときに効果が発揮されます。
腸内には実は無数の細菌が存在しているといわれています。その細菌ですが、善玉菌、そして悪玉菌などがあります。その名前の通り、善玉菌は私たちの体にとって、良い働きをしてくれることになります。乳酸菌はこちらの善玉菌とほぼ同じ働きをしていて、腸にとっても良い働きをしてくれます。特に腸内に入ることによって、悪い働きをする悪玉菌を減らし、そしてさらに善玉菌を増やすという働きがあります。
現代人の方は、ストレスなども多く、暴飲暴食をしてしまったりと、食生活が不規則になってしまっている方も少なくありません。そうなると、腸内の悪玉菌が増えてしまいますし、腸内に有毒物質などが増えてしまい、体に悪影響を及ぼしてしまいます。悪玉菌が腸内に増えすぎてしまうと、便秘の原因となってしまったり、肌荒れやニキビなどの原因となることが多いです。また、場合によっては、癌や心疾患といった原因にも繋がってしまいます。また、腸には体の7割の免疫があると考えられています。悪玉菌が増えることによって、免疫が上手く働かなくなってしまいますので、アレルギーなどが悪化してしまったり、また風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなってしまうといったデメリットがあります。
しかし、乳酸菌を体に取り込むことによって、これらの悪玉菌を減らすことが出来ます。その結果、免疫活動が活発化しますので、風邪等への抵抗力を付けることが出来ますし、インフルエンザといったウイルスなどが原因の疾患にもかかりにくくなるというメリットがあります。
また、花粉症などのアレルギーを持っている方も、乳酸菌を摂取することで、これらの症状が緩和されたりすることになります。また、そのほかにも、便秘などの症状も改善されますし、肌荒れなども治って、美肌効果なども期待できます。
腸内環境が乳酸菌によって整うことによって、実はこれほどまでに、さまざまな体に良い影響があるのです。普段からヨーグルトなどで、乳酸菌を摂るように心がけることで、体の健康面を保つことができるのです。